• トップページ
  • 産学官で挑む月火星探査へ ~「Moon to Mars Innovation」始動~

産学官で挑む月火星探査へ ~「Moon to Mars Innovation」始動~

2024年4月1日(更新日:4月17日)
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
宇宙探査イノベーションハブ

本イベントは終了しました。ご参加頂きました方々へはお礼申し上げます。

スライド資料

投影したスライドを公開しました。

 宇宙探査イノベーションハブでは、ハブの創設から10年の節目を迎えるにあたり、国際宇宙探査を取り巻く周辺状況の変化を受け、新しい研究制度「Moon to Mars Innovation」を開始しました。
 本制度及び探査ハブの新しい方針では、従来と変わらず民間企業等との連携を一層強化し、相補的に取り組むことで、持続的な月・火星探査の実現を目指してまいります。
 本イベントでは、新しい方針を打ち出した背景となる国際宇宙探査の動向から、新しい方針、制度のご紹介をいたします。

新しい研究制度「Moon to Mars Innovation」の詳細についてはこちらをご覧ください。
JAXA宇宙探査イノベーションハブ「Moon to Mars Innovation」報提供要請(RFI)募集

開催概要

※東京(X-NIHONBASHI TOWER 日本橋三井タワー7階)の現地開催です。
※オンライン配信はございません、後日アーカイブ動画を公開いたします

詳細

  • 日時:2024年4月15日(月曜日)開場時間:13:00 開催時間13:30~16:00(終了時間は未定)
  • 開催方法:会場:X-NIHONBASHI TOWER 日本橋三井タワー7階カンファレンススペース※オンライン配信はございません、後日アーカイブ動画を公開いたします
  • 定員:80名 申し込み受け付けは11日正午で締め切りました。後日JAXAチャンネルにてYouTube配信を行います。
  • 参加費用:無料

プログラム

プログラムは予告なく変更となる場合があります

時間 プログラム 発表者
13:30 開会挨拶 船木一幸(宇宙探査イノベーションハブ ハブ長)
13:33

①国際宇宙探査の動向

山中浩二(国際宇宙探査センター センター長)
13:48

②探査ハブの新しい方針と研究制度「Moon to Mars Innovation」

船木一幸(宇宙探査イノベーションハブ ハブ長)
14:03

③情報提供要請(RFI)と新研究制度

川崎治(宇宙探査イノベーションハブ 副ハブ長)
14:18

④次世代探査コンセプト領域の紹介(次世代エネルギー)

森治(宇宙探査イノベーションハブ 教授)
14:33

⑤次世代探査コンセプト領域の紹介(次世代モビリティ)

山崎雅起(宇宙探査イノベーションハブ 主任研究開発員)
閉会(休憩)
14:55~順次

相談会※ご希望者多数により受付を終了しました※

ご質問は、プログラムのなかでも質疑時間を設けてをお受けいたします。
後日個別のご面談(オンライン含む)を希望される場合には、参加受付フォーム内にチェック欄を設けておりますのでそちらにておしらせください。