宇宙探査イノベーションハブ

JAXA

JAPANESEENGLISH

宇宙探査 INNOVATION HUB

宇宙探査イノベーションハブとは

ハブの誕生について

「科学技術イノベーション総合戦略2014」〜未来創造に向けたイノベーションの懸け橋〜(平成26年6月24日 閣議決定)という国の方針が示されました。この中で、公的研究機関の「強み」や地域の特性を生かして、イノ ベーションハブの形成に取り組むことが求められました。これを受け、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)でも、様々な異分野の人材・知識を集めた組織を構築し、これまでにない新しい体制や取組でJAXA全体に研究の展開や定着を目指すため、平成27年4月1日に、「宇宙探査イノベーションハブ」が新しく設置されました。相模原キャンパス内に場所を構え、約30人(併任等含む)で新しい活動に取り組んでいます。

ハブ長よりメッセージ

2018年4月よりハブ長が交代しました。
新ハブ長: 久保田 孝
前ハブ長: 國中 均


久保田ハブ長

  就任挨拶
  宇宙探査イノベーションハブ ハブ長
  久保田 孝(くぼた たかし)

TansaXとは:
宇宙探査イノベーションハブの愛称です。探査「Tansa」のための技術研究開発から、誰も何も予想しないようなこと 「X」を生み出すという意図を込めた 「Technology Advancing Node for SpAce eXploration」(宇宙探査のための技術進歩の要)を意味します。

TansaXロゴ:
「X」が象るロケットノズルから勢いよくジェット噴射する輸送技術を駆使して、地球(青色円)を出発して月(黄色円)・小惑星(灰色楕円)・火星(橙色円)に至る太陽系宇宙空間を自由闊達に飛翔し、人類の活動領域拡大を目指すことを表しています。







宇宙探査実験棟

宇宙探査に関わる技術研究開発とイノベーションハブ事業としての地上応用を実施する実験施設として設立されました。さまざまな大学、研究機関、民間企業等との相互交流を促す機能場所であると同時に、充実した実験設備を集約した拠点となることを目的としています。
宇宙探査実験棟ページへ

宇宙科学探査交流棟

宇宙探査イノベーションハブの活動に、さまざまな大学、研究機関、民間企業等からの参画を促すために設置された施設です。同時に、長年親しんでいただいた展示室に代わり、これまで以上に多くの方に宇宙科学探査の研究開発の現場に親しんでいただける空間です。
宇宙科学探査交流棟ホームページへ

ダウンロード

宇宙探査イノベーションハブ紹介リーフレット(PDF) <597KB>
(JAXA相模原キャンパス特別公開2017 公式リーフレット)

平成28年度事業概要(ダウンロードページ)

アクセス

JAXA 相模原キャンパス内 詳細


研究分野

1.広域未踏峰探査技術

従来の大型探査機では時間とコストがかかり、また、探査の機会が少ないため、探査場所が限定されます。そこで、一点豪華主義から分散協調型への発想の転換を行い、複数の小型探査機により機能の分散を行なうことで、未踏峰地点の広範囲で密度の濃いチャレンジングな探査を実現し、探査手法に革新を起こします。例えば、多数の小型ロボットを一回のロケットで打ち上げ、月や火星表面の10km四方の領域に配置し、一挙に探査できる革新的な技術の獲得を目指します。分散されたロボットがお互いに協調し、1台では成し得ない、高度な観測や協調作業、位置同定、信頼性確保などを行います。我が国が誇るロボットを融合させた独自の探査技術を創出し、世界を牽引する宇宙探査を実現します。本テーマを通じて、火山・台風・災害など自然現象の新たな観測システムの構築、工場内のプラントや大型構造物の計測や検査など地球上の広域自動観測分野への応用が期待されます。

広域未踏峰探査技術*<4.4MB>

2.自動・自律型探査技術

将来の月あるいは火星表面に構築される有人拠点の建設技術の獲得を目指します。月や火星には人を多数送り込めないため、拠点の建設は原則無人で行います。地球からの全指令型システムから脱却し、現地で周囲情報の収集・認識を行い、遠隔操作と自動・自律を高度に組み合わせた建設技術の獲得が課題です。その実現には、ICT技術や環境認識技術等の様々な技術が必要であり、地上で実績のある技術の適用が期待されます。そして、ここで作り出した技術により人と機械を効率的に組み合わせることで、地上においても、遠隔地作業等の新たな展開を目指します。

自動・自律型探査技術*<1.4MB>

3.地産・地消型探査技術

月・火星へは、地球低軌道と比較して、輸送コストが10倍程度となります。このため、月や火星での持続的活動を可能にするには、必要な物資を「地球からすべて運ぶ」という探査のやり方を改め、必要な物資を「現地で調達する」というパラダイム転換が必要になります。我が国が得意とする省エネルギー、リサイクル技術、資源精製技術、 農業・バイオ技術等を応用し、必要な物資を現地の資源やエネルギーを利用して、効率的に生産できるシステムの獲得を目指します。また、これらの技術は、地上においても、これまで未利用だった低質資源の有効利用、環境負荷の少ない物資生産、離島・僻地などでの資材の現地生産、効率的な食糧生産などへの適用を図っていきます。

地産・地消型探査技術*<3.8MB>

4.共通技術

宇宙探査活動に共通して必要となるエネルギー、移動、通信技術等であって、地上用途にも使える技術を開発する。







*参考資料: 2017年12月12日開催フォーラムでの発表資料です。研究領域の活動及び成果報告、今後の研究提案募集(RFP)に求めるものや新しい取り組みに関して紹介しています。
資料の転載・二次利用はお控えください。

共同研究一覧


宇宙探査イノベーションハブでは、将来的に研究成果を宇宙探査へ応用することを目的としつつ、 地上での事業化/イノベーション創出の実現性や可能性がある課題に企業・大学・研究機関の方々と共同取り組んでいます。
2018年4月2日現在共同研究を行っている研究課題一覧です。

研究課題は、目指す技術が明確な「課題解決型」と、有効性が期待できる未知の技術やアイデアの発掘を目指す「アイデア型」の2種類に分類されています。

共同研究を終了し、”卒業”した共同研究はこちらをご覧ください。

<課題解決型>目指す技術が明確なもの

採択 研究名 機関名 概要PDF
 1-1 次世代アクチュエータの研究開発 /広域未踏分野
RFP1
パワー密度が世界最高の小型アクチュエータの開発 新明和工業株式会社、大分大学、日本文理大学、茨城大学、静岡大学 <636KB>
RFP1
次世代アクチュエータ用超小型高精度絶対角度センサ変調波レゾルバの開発 エクストコム株式会社 <712KB>
 1-2 拠点建設を実現する遠隔施工システム /自動自律型分野
RFP1
遠隔操作と自動制御の協調による遠隔施工システムの実現 鹿島建設株式会社、芝浦工業大学、電気通信大学、京都大学 <724KB>
 1-6 移動体搭載用の燃料再生可能な燃料電池システム /共通技術分野
RFP1
移動体搭載用の燃料再生可能な燃料電池システム用超高圧複合容器製造技術 中国工業株式会社、九州工業大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所 <725KB>
 2-2 高感度・高精度ガスセンサ /地産地消型分野
RFP2
ガス中微量水分計の小型・軽量・ロバスト化技術の研究 神栄テクノロジー 株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所、大阪大学、茨城大学、鹿児島大学              -
 2-4 超高感度距離画像センサの開発 /共通技術分野
RFP2
超高感度二次元同時距離計測センサの開発 浜松ホトニクス株式会社              -
 3-1 次世代アクチュエータの研究開発(加速テーマ) /広域未踏峰分野
RFP3
小型・軽量化のためのMHz帯駆動DC-DCコンバータの先進要素開発 株式会社イチカワ、信州大学、大阪大学              -
 3-2 遠隔・自動施工可能な軽量建機システム /自動自律型分野
RFP3
遠隔操作およびアタッチメントの自動脱着可能な軽量建機システムの開発と実地検証 株式会社タグチ工業、東京農工大学              -
 3-3 拠点構造物の建築・拡張・維持の省力化 /自動自律型分野
RFP3
持続可能な新たな住宅システムの構築 ミサワホーム株式会社、株式会社ミサワホーム総合研究所              -   
 3-4 次世代太陽電池デバイスの実現 /共通技術分野
RFP3
高効率・低コスト・軽量薄膜ペロブスカイト太陽電池デバイスの高耐久化開発 桐蔭横浜大学、兵庫県立大学、ペクセル・テクノロジーズ株式会社、株式会社リコー、紀州技研工業株式会社              -
 3-5 アースオーガ掘削情報による地盤推定のシステム化検討* /自動自律型分野*応募資格をFY27アイデア型研究実施機関に限定し募集
RFP3
アースオーガ掘削情報による地盤推定のシステム化検討 日特建設株式会社、立命館大学              -   


<アイデア型>有効性が期待できる未知の技術やアイデアの発掘

採択 研究名 機関名 概要PDF
 3-6 環境探査システムの構築 /広域未踏峰分野
RFP3
フィールドのエネルギを利用した超低消費エネルギ型環境探査モニタリングシステム 東北大学、日本大学              -
RFP3
異種・複数小型ロボットを用いた確率的領域誘導による環境探査システムと要素技術の検討 中央大学、プログレス・テクノロジーズ株式会社              -
 3-7 探査ロボットのための画像による自己位置推定と環境地図作成技術の研究 /広域未踏峰分野
RFP3
超高感度マルチカメラや深層学習を利用した高付加価値vSLAM技術の研究開発 株式会社アイヴィス、株式会社ビュープラス              -
RFP3
テクスチャレスシーンのためのロバストなVisual SLAMの研究 株式会社コンセプト、株式会社モルフォ              -
 3-8 自動掘削シミュレーション /自動自律型分野
RFP3
効率的なバケット掘削のための地盤情報取得技術 東北大学、清水建設株式会社              -   
 3-10 植物生産へ適用可能なタンパク質素材の開発 /地産地消型分野
RFP3
植物生産へ適用可能な高性能人工構造タンパク質素材の開発 Spiber株式会社              -   
 3-11 月面農場を想定した新しい農作物の栽培実証 /地産地消型分野
RFP3
袋培養技術を活用した病虫害フリーでかつ緊急時バックアップも可能な農場システムの研究 株式会社竹中工務店、キリン株式会社、
千葉大学、東京理科大学
             -   
RFP3
穀物増産を実現する種子へのプラズマ大量処理技術開発 九州大学、ケニックス株式会社              -   
RFP3
月面農場における高カロリー作物栽培システムの要素技術開発 千代田化工建設株式会社、メビオール株式会社              -   
RFP3
摂食可能なジャガイモの完全閉鎖型・完全水耕型人工栽培システムの基礎検討 玉川大学、パナソニック株式会社エコソリューションズ社              -   
 3-12 高感度放射線検出デバイスの開発 /共通技術分野
RFP3
光電変換材料を用いた高感度放射線検出デバイスの開発 桐蔭横浜大学、ペクセル・テクノロジーズ株式会社              -   


課題解決型一覧へ

研究提案募集(RFP)

第4回研究提案募集(RFP)受付中

募集期間:平成30年4月20日から6月5日12時必着
第4回研究提案募集(RFP)募集要項

今回は初めて、公募説明会の開催を予定しております。
募集内容をご説明するとともに、募集課題に関する質疑を受け付けますので、研究提案をお考えの方に限らずご参加をお待ちしております。詳細は後日掲載いたします。

■開催日・場所
・大阪会場 5月10日(木)13:30~16:40
  ビジネスプラザおおさか
・東京会場 5月11日(金)13:30~16:40
  フクラシア丸の内オアゾ Hall B

■プログラム概要
・研究提案募集(RFP)制度の紹介
・第4回RFP募集課題の紹介
・制度/募集課題に関する質疑応答


情報提供要請(RFI)随時受付中

情報提供要請(RFI)募集要項

宇宙探査イノベーションハブでは、情報提供要請(RFI)を随時受付けており、技術情報の提供を募っています。これまでRFIにご提供いただきました技術情報を基に、着手すべき研究課題を絞り込み、宇宙探査イノベーションハブに参加を希望される皆様に対し、研究提案募集(RFP)を実施しています。
本RFIは宇宙探査に特化または限定した技術の提案をお願いするものではなく、”イノベーション”につながる可能性がある技術情報の提供を期待しています。


第1回研究提案募集(RFP)【終了】

募集期間:平成27年11月12日から11月25日

第1回研究提案募集(RFP)募集要項
第1回研究提案募集(RFP)採択提案一覧

第2回研究提案募集(RFP)【終了】

募集期間:平成28年6月9日から7月6日

第2回研究提案募集(RFP)募集要項
第2回研究提案募集(RFP)採択提案一覧

第3回研究提案募集(RFP)【終了】

募集期間:平成29年3月30日から5月15日

第3回研究提案募集(RFP)募集要項
第3回研究提案募集(RFP)採択提案一覧

知的財産管理制度

JAXAでは様々な異分野の人材・知を糾合した開かれた研究体制の構築が重要課題であると位置付け、必要な制度改善を行っています。特に、宇宙探査イノベーションハブにおける知的財産の取扱方針は、優れた研究者や多様な企業の参加促進の成否を決める重要な要素となりうるとの認識のもと、JAXAの従来制度とは異なり、共有の知的財産権については、自己実施に際してJAXA分の出願等維持費を負担することで、実施料を免除することが出来るなど、宇宙探査イノベーションハブ特有の知的財産管理を進めています。

クロスアポイントメント制度

クロスアポイントメント制度は、国内外の研究者等の受入れを促進するため、所属機関に縛られることなく研究者等が活躍できることを目指した制度です。研究者が企業・大学・研究機関等(出向元)とJAXA(出向先)の双方で雇用されつつ、それぞれの機関の役割に応じて研究開発業務に従事するための手段の一つとして、JAXAでは、平成27年3月にクロスアポイントメント制度による職員受入制度が整備されました。宇宙探査イノベーションハブでも制度を利用した職員を受入ています。

JST支援事業

宇宙探査イノベーションハブの考える宇宙探査の実施の観点から、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)のイノベーションハブ構築支援事業募集に応募し、平成27年6月「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」として採択されました。これにより、更に宇宙探査によるイノベーションが期待できる環境が整いました。

本事業の詳細 (JSTイノベーションハブ構築支援事業サイト)
本事業に関するJAXAプレスリリース

宇宙探査イノベーションハブ諮問会議

JSTイノベーションハブ構築支援事業「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」の実施にあたり、外部有識者から必要な助言を仰ぐため、ハブ長の諮問機関として、宇宙探査イノベーションハブ諮問会議を設置いたしました。

宇宙探査イノベーションハブ諮問会議 委員名簿(PDF) <53KB>

問い合わせ先

メールアドレス

研究提案募集(RFP)、イベントやその他お知らせをメールでお届けしています。
メール配信を希望される方は上記メールアドレスまで【ご所属】
【お名前】【登録メールアドレス】をご連絡ください。

JAXAにおける個人情報保護について


アーカイブス

Topics

2018/3/8-11 ジャパンインターナショナルボートショー2018に株式会社光電製作所が出展し、宇宙探査イノベーションハブと共同開発した100WクラスX帯固体化マリンレーダーを展示しました
(光電製作所サイトへ)
2018/3/9 第2回宇宙探査フォーラム(ISEF2)参加者、JAXA相模原キャンパス見学ツアーを開催しました
2018/2/9 イギリスの科学誌「Nature」に企画記事が掲載されました(Natureサイトへ)
2018/2/8 ソニー株式会社との共同研究が新たな一歩を踏み出します 「国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟を利用した長距離空間光通信軌道上実証、並びに共同研究契約締結について」
(JAXAプレスリリースへ)
2017/7/20 國中ハブ長 第39回応用物理学会論文賞を受賞

その他

2017/10/26 「SPACE MEETS YOKOHAMA」
2017/9/12 JAXAシンポジウム2017
「SPACE INNOVATION-未来のその先へ」
2017/8/31,9/1 JSTフェア2017に参加(外部サイトへ)
2016/9/9 平成28年度土木学会全国大会研究討論会にて講演 ご案内(PDF)
2016/9/6 第60回宇宙科学技術連合講演会にて研究事案発表
(外部サイトへ)

当日プログラム(PDF)
2016/8/25,26 JSTフェア2016に参加(外部サイトへ)
2016/3/23 JAXA「未来共創セミナー」に國中ハブ長が登壇
2015/12/2 青森県三八地域ものづくり産業フェア2015参加
2015/11/14,15 サイエンスアゴラ2015に参加
2015/10/1 JAXA's 62号(10/1号)で紹介(FanFunJaxaへ)
2015/8/27,28 JSTフェア2015に参加(外部サイトへ)