JAXA

TansaX

JAPANESEENGLISH

宇宙探査 INNOVATION HUB

宇宙探査イノベーションハブとは

ハブの誕生について

「科学技術イノベーション総合戦略2014」〜未来創造に向けたイノベーションの懸け橋〜(平成26年6月24日 閣議決定)という国の方針が示されました。この中で、公的研究機関の「強み」や地域の特性を生かして、イノ ベーションハブの形成に取り組むことが求められました。これを受け、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)でも、様々な異分野の人材・知識を集めた組織を構築し、これまでにない新しい体制や取組でJAXA全体に研究の展開や定着を目指すため、平成27年4月1日に、「宇宙探査イノベーションハブ」が新しく設置されました。相模原キャンパス内に場所を構え、約30人(併任等含む)で新しい活動に取り組んでいます。

ハブ長 國中均からのメッセージ

私たちは、新しい参加者と共に、宇宙開発利用のための技術研究開発を目指します。ここで生み出される技術は、宇宙探査のみならず、地上技術へ応用展開され、ゲーム・チェンジ(現状を打破し、根本的にものごとを変えること)を巻き起こすことでしょう。ぜひ、みなさんと一緒に、宇宙探査イノベーションハブで、新しい仕組みを活用して、宇宙探査と日々の暮らしを発展させましょう!

TansaXとは:
宇宙探査イノベーションハブの愛称です。探査「Tansa」のための技術研究開発から、誰も何も予想しないようなこと 「X」を生み出すという意図を込めた 「Technology Advancing Node for SpAce eXploration」(宇宙探査のための技術進歩の要)を意味します。

TansaXロゴ:
「X」が象るロケットノズルから勢いよくジェット噴射する輸送技術を駆使して、地球(青色円)を出発して月(黄色円)・小惑星(灰色楕円)・火星(橙色円)に至る太陽系宇宙空間を自由闊達に飛翔し、人類の活動領域拡大を目指すことを表しています。







リーフレットダウンロード

詳細版リーフレットのデータです。
(JAXA相模原キャンパス特別公開2015 公式リーフレットデータ集)

宇宙探査イノベーションハブ(PDF) <4MB>

アクセス

JAXA 相模原キャンパス内 詳細

JST支援事業について

事業の経緯

宇宙探査イノベーションハブの考える宇宙探査の実施の観点から、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)のイノベーションハブ構築支援事業に応募し、平成27年6月「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」として採択されました。これにより、更に宇宙探査によるイノベーションが期待できる環境が整ってきました。


宇宙探査の進展により人類の生存圏・活動領域を拡大することは、新たな宇宙開発利用の価値創出に繋がります。今後10~20年の宇宙探査は、民間企業を含む多様なプレーヤーが参画し、国際協働・競争による月・火星への探査に向けた活動を中心に進められようとしています。

本事業の詳細 (JSTイノベーションハブ構築支援事業サイト)
本事業に関するJAXAプレスリリース

宇宙探査イノベーションハブ諮問会議

JSTイノベーションハブ構築支援事業「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」の実施にあたり、外部有識者から必要な助言を仰ぐため、ハブ長の諮問機関として、宇宙探査イノベーションハブ諮問会議を設置いたしました。

宇宙探査イノベーションハブ諮問会議 委員名簿(PDF) <126KB>

問い合わせ先

メールアドレス

イベントやその他お知らせをメールでお届けしています。
メール配信を希望される方は上記メールアドレスまで【ご所属】
【お名前】【登録メールアドレス】をご連絡ください。

イベント