2018年初頭のご挨拶
宇宙の現場は、間近です

イノベーションは宇宙からやってくる

2018年、明けましておめでとうございます。
今年はいよいよ、はやぶさ2探査機が小惑星リュウグウに到着します。
秋には、MMO(Mercury Magnetospheric Orbiter)探査機を搭載するベピコロンボ宇宙船が水星に向けて出発します。
まさに「太陽系宇宙探査」の時代の幕開けです。
探査のその次には、宇宙開拓の時代がやって来ることでしょう。
その時必要となる多種多様な技術を先んじて研究開発し、獲得することがJAXAの目標です。
それだけにとどまらず、JAXA宇宙探査イノベーションハブは、その技術を地球に直接的に還元し、地上にイノベーション創出を目指しています。
宇宙という地球と異なる環境や条件は、人の知を刺激して新たな事物を生み出す契機となるはずです。

JAXA宇宙探査イノベーションハブ長 國中 均


註 本イラストは、鹿島建設株式会社のご了解をいただき、 同社の広告を参考に作成しています。

このページのトップに戻る。