「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」

2018年度宇宙探査オープンイノベーションフォーラム 東京会場




  宇宙探査イノベーションハブでは、宇宙探査イノベーションハブでの活動に フィードバックをかけることを目的として、企業(中小企業やベンチャー企業を含む)、 大学、研究機関の関係者等の方々を対象に、 挑戦しようとしている課題と 企業や大学の研究活動とのマッチングを探るための意見交換を「宇宙探査 オープンイノベーションフォーラム」として定期的に開催してまいりました。

  本年度は、宇宙探査イノベーションハブでのこれまでの3年余りの活動成果を広く紹介するため、 宇宙探査イノベーションハブの目指すもの(出口)をメインテーマに据え、開催いたします。 宇宙への繋がり、地上での応用、事業化について、弊機構との共同研究で得られた成果、試作品、 保有する技 術などを成果(シーズ)として発表し、新たな展開(事業化等)に繋げる場として、 実施機関にて保有されている技術等についてもアピールいただける場として開催いたします。

  第5回研究提案募集(RFP)に向けた課題設定についてもご案内します。

開催場所と日時

  • 日 時:平成31(2019)年1月31日(木) 13:00~18:00
        *研究テーマのポスター、研究成果の展示を『503ABC』において開催しております。どうぞご覧ください。

  • 会 場:ステーションコンファレンス東京5階 (外部サイト)
    (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー5階)
    アクセスマップ

  • 交 通:
                ■JR東京駅日本橋口直結
                ■新幹線日本橋口改札徒歩1分、八重洲北口改札徒歩2分
                ■東京メトロ東西線大手町駅B7出口直結
                ■※お車でお越しのお客さまは、ビル内の時間貸し駐車場をご利用ください。

お申込み概要(東京)

  • 対 象: 企業(中小企業やベンチャー企業含む)、大学、研究機関等の皆様。一般の方もお申込いただけます。
  • 参加費: 無料
  • 定 員: 200名
    ※事前登録制→登録受付の専用サイト
  • 主 催: 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙探査イノベーションハブ事務局
  • イベントへのお問い合わせについて:メールアドレス

プログラム

(プログラムは予告なく変更となる場合があります)
時間
プログラム内容
13:00~

開催挨拶

JAXA理事補佐 五味 淳
13:05~

来賓挨拶

国立研究開発法人科学技術振興機構 理事 白木澤 佳子
13:10~

宇宙探査イノベーションハブ これまでの歩みと成果

JAXA 宇宙探査イノベーションハブ ハブ長 久保田 孝
13:25~

基調講演 企業価値の創造とオープンイノベーション

株式会社ボストンコンサルティンググループ・パートナー&マネージング・ディレクター
秋池 玲子
13:55~

講演 イノベーションの発露としてのJAXA「深宇宙 探査船団」計画

JAXA理事/宇宙科学研究所 所長 國中 均
14:25~

休憩 展示エリアコアタイム

14:45~

宇宙探査イノベーションハブへの参加のご案内

JAXA宇宙探査イノベーションハブ 副ハブ長 川崎 一義
15:05~

成果報告① 株式会社安川電機

医療向け小型高トルクアクチュエータの開発
技術開発本部開発研究所 モータ・アクチュエータ開発部・部長 鹿山 透
15:20~

成果報告② 株式会社タグチ工業

超軽量建機アタッチメントおよびブームの開発および実地検証
岡田康弘
15:35~

成果報告③ ミサワホーム株式会社

持続可能な新たな住宅システムの構築
吉崎 遼
15:50~

成果報告④ 千葉大学/株式会社竹中工務店

月面農場WG活動報告、袋培養技術を活用した病虫害フリーでかつ緊急時バックアップも 可能な農場システムの研究
千葉大学園芸学研究科 教授 後藤英司
技術研究所未来空間研究部 スペース・フロンティアグループ長  関 光雄
16:05~

休憩 展示エリアコアタイム

16:35~

成果報告⑤ 浜松ホトニクス

超高感度二次元同時距離計測センサの開発
固体事業部第5製造部 副部長 中村 重幸
16:50~

成果報告⑥ 日立造船株式会社

全固体リチウムイオン二次電池の開発
事業企画・技術開発本部 部長代理 砂山 和之
17:05~

成果報告⑦ 株式会社光電製作所

固体化マリンレーダーの開発
主査 林 大介
17:20~

成果報告⑧ 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所

長距離空間光通信を実現する光通信モジュールに関する研究
松木 岳
17:35~

閉会にあたり~国際宇宙ステーションから国際宇宙探査へ~

JAXA理事/宇宙探査イノベーションハブ 若田 光一
※資料の転載・二次利用はお控えください

    ~同時開催~

    研究テーマのポスター、研究成果の展示を『503ABC』において開催しております。
    どうぞご覧ください。

ダウンロード